坐骨神経痛を治したいのならストレッチをしないで自己整体を!【からだの症状別魂整体からだ編】

ほとんど、ユーチューブなどの動画で坐骨神経痛の人たちが探しているのは、「ストレッチ」みたいな体操法です。

しかし、坐骨神経痛はそもそも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、そして腰椎すべり症や腰痛分離症といった慢性腰痛が原因で神経そのものがダメージを受けている症状を指しています。

それなのに、多くの専門家が「ストレッチ」とかテニスボールで患部を指圧とか、神経のダメージのある部分を無理やり刺激しているとしか思えない動画がほとんどです。

いくらなんでも、専門家がそんなこと言ってたらあかんでしょ!

とダメ出ししたくなのですが、「言論の自由」は守らなければならないのでしょうか?

ということで、この記事では実際に効果のある自己整体法を紹介します。

坐骨神経痛を治すには何をすれば良いの?

神経障害性疼痛という病名がヤバいです!

要するに、神経に炎症が起きている通常の炎症状態はもうすでに無くなっているのに、痛みがハンパないってことです。

脳が痛みに敏感になり過ぎてほんの小さな刺激でも痛みとして捉えてしまうということらしいですが、、

坐骨神経痛に1年以上悩まされている人は、この状態を疑った方が良いかもしれません。

それでは、どうすればこんなヘンテコな状態から抜け出せるかと言うと、ずばり「負担のかかっている神経を緩める」メソッドが有効です。

叩いたり、揉んだり、温熱刺激をしたりしても、心地よい程度の刺激であれば、有効かもしれませんが、頭がほんの小さな刺激でも発火してしまう状態では、成功率は低いと言わざるを得ません。

魂整体からだ編で使っているメソッドとは

ここで使っているメソッドは操体法やその源流となっている正体術といった自分のからだの声を聞いて辛くない方向に自分で誘導しながら動かすことで体のバランスを取っていくメソッドです。

この図は、骨盤部の表面の大きな筋肉群を外した深層筋と骨格のイラストです。

見てお分かりのように、姿勢を保持するための小さな筋肉群がひしめいて骨盤を支えていますよね。

ということは、無意識的な日常の動く癖で骨盤の骨格が簡単に崩れていくことも理解できると思います。

魂整体からだ編で使っているメソッドは、無痛で自分のからだの声に従って動きを誘導するだけですが、脳神経はバランスが取れて負担のかかっていた神経の回路がキャンセルされて緩んでいくことが確認されます。

実際の操法

骨盤操法

正体術矯正法からわかりやすいように自分一人で動診(検査)をして操法(エクササイズ)できるように改良しました。

正体術

だいたいからだの歪みが整ったところで、全体のバランスを定着させるために行う操法です。

やり方は、考案された大正時代のものと一緒です。

大切なこと

問題は、からだだけからのアプローチをだとすぐ痛みが戻ったり、まったく操法が効かなかったり、動診(検査)でのからだからの声が聴こえず操法ができなかったりすることです。

神経障害性疼痛のように慢性化した痛みは、ストレスなどのこころの問題と深く結びついていることが多いのです。

詳しくは、次章の症状別魂整体こころ編の動画を見ていただきたいのですが、からだだけのアプローチではなくこころからのアプローチもしなければ、このような慢性的な神経症状は治らないと考えたのがこのメソッドを開発した理由です。

関連動画

※画像をクリックすると『魂整体からだの症状別マインドセット』坐骨神経痛編の記事を別タブで開きます!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました