整体師が心がける健康へのお手伝いとは~その3~痛みが治ったら実はそこがスタート地点

「ご苦労様でした。これでもうからだのバランスも取れましたし、痛みもないので卒業ですね。」

以前は、喜びに満ちて患者が病気から治っていくのを見送ることができた僕でしたが、最近は見送りながら「からだだけ治してもなあ、、、」と感じるようになりました。

患者の慢性的な痛みの原因が実はこころの問題にあると気づいたからです。

患者にとっては痛みが無くなれば、それで終わりと思うでしょうが実はそこは、スタート地点に過ぎません。

痛みの真の原因になっているこころの問題が解決しない限り、またからだの問題がいつ再発するかわからないからです。

事実、慢性的な神経痛に悩んでいる患者さんは、うちのクリニックでは何度も同じ症状で戻ってきています。

からだの痛みが無くなった地点はゼロ地点、いわばスタート地点に立ったに過ぎません。

これから魂の声に従って、精神的な悩みを解決し本当の自分の人生を取り戻していかなくてはなりません。

自分自身の経験

僕は10歳で難病と言われるリウマチ熱という病気にかかって20歳まで生きないと病院の医師に告げられた経験があります。

15歳で、漢方や民間療法と西洋医学を同時に活用しながら数々の難病を治してきた異端の医師に出会ったおかげで私の病気は劇的に治りました。

この医師には、病気だけでなく人生において何が重要でどんな指針が必要であるかというようなことまで教えてくれて、それを指針として今日まで生き延びることができたといっても過言ではありません。

思い返すと子供の病気の場合は原因が単純です。

この頃、両親の仲が急激に冷えて、家の中は絶えず両親の不協和音で子供にとってはとても居心地の悪いところでした。

唯一ホッとできる家の中がこうですから、からだがおかしくなるくらい当然といっても良いでしょう。

僕が病気になることで、両親の諍いは一時休戦状態を迎え僕が大学に入って上京する頃まで問題は沈静化していました。

ぼくが完全に病気が治ったと自覚したのは、この独り暮らしを始めた大学生の時からだと気づくと、やはり真の僕の病気の原因が両親の諍いにあったことは今考えると明白です。

病気が治るのはスタート地点

さて、大人の場合はもうちょっと複雑です。

病気、特に慢性疾患はその人の人生が大幅に本当の自分から外れてしまった時に、それを気づかせるためのサインとして用いられるからです。

痛みはそれ以上、無理を重ねてはいけないという意味を持ちます。

ですから、病気が治るということは無理をしなくなったというだけでそれ以外に何も意味はありません。

無理をする原因だってそのまま残っている可能性だってあるわけです。

ですから、病気が治るということは、人生の再スタートができるゼロ地点と考えた方がよいでしょう。

こころとからだのメンテナンス

このように、こころとからだは密接に関係しています。

こころは、顕在意識(思考)・潜在意識(無意識)・魂(本当の自分、完璧な自分・神)と分けて考えると分かりやすいと思います。

意識の90%を占めると言われる潜在意識には、生まれてからこれまでだけでなく、過去性からの膨大なデータが蓄積されています。

その中でも思い込みや勘違いそして感情的なトラウマなどのネガティブな情報は、魂からの声が顕在意識に届くことを阻害しています。

これによって、下の図のような悩み多きバランスの悪い人生になってしまいます。

こころとからだは、このように人生のさまざまな側面に影響を及ぼしています。

キーポイントは潜在意識です。

潜在意識が魂の声で整うと、顕在意識もからだも常にバランスが保たれるので下の図のようなバランスの取れた人生が送れるようになるわけです。

従来の整体では、からだしかフォーカスしていないので、図でいうと健康しか改善しません。

というか、潜在意識の問題があれば、その健康ですらまた元の体調の悪い状態に戻ってしまいます。

しかし、すでにお話ししたように潜在意識が魂の声で整うような状態を作れれば、こころもからだもバランスが取れて理想的な人生を歩むことが可能です。

こころの場合は、潜在意識に魂の声をインストールすることを整えるといいます。

顕在意識は、潜在意識にコントールされているので自動的にこの3つが一致するわけです。

よく過去性の自分の話を霊的能力者から聞いたことがあるとか、自分でも前世療法などでイメージを感じたことがあるという人がいます。

しかし、聞いただけでは潜在意識が変わらないので3つは一致しません。

この潜在意識に魂の声をインストールして定着させ、さらに顕在意識も変えてしまう画期的なメソッドをソウルエッセンシャルメソッドといいます。

からだの場合は、『魂の声=からだの声』と考えれば簡単です。

潜在意識が整えば、からだの声は顕在意識でダイレクトに聞こえるようになります。

このからだの体性感覚(自分のからだの内部の感覚の総称)が敏感になると、痛みやつっぱり、からだの違和感に敏感になります。

そこで、それらのネガティブな感覚のつかない方にからだを誘導させてからだを整える方法を操体法といいます。

そしてソウルエッセンシャルメソッドと操体法を融合した手法を『魂整体』としてあなたにご紹介します。

世界初のこころとからだにアプローチして人生を整える究極のメソッドです。

まとめ

魂整体では、病気の治った地点がゼロ地点で人生の再スタートをきれる状態だと考えています。

図で表した通り、健康はあくまで本当の自分が歩むべき側面のひとつに過ぎません。

魂整体はそこから全ての側面をバランスよく改善するために、さらにお手伝いを続けていく手法です。

あなたの本当の自立は、病気などの悩みを治すだけではありません。

さらにその先に輝かしい人生を引き寄せる『魂整体』とはどんな方法なのか興味があるかたは、LINE@に登録してみませんか。

LINE@でさらにワクワクする情報を僕とシェアしましょう!

登録してくれたあなたには、特別サービスであなたが悩んでいることの中から一つ選んで、魂からの声で整えるLINE無料リーディングをプレゼントします。

Add Friend

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました