霊感が強いことと魂の声を聞くことは関係あるか

科学的には認知されていない霊の存在ですが、この記事は霊感があると自分が認識している方も、そうでない方も魂の声を聞くには関係ないというテーマで書いています。『魂の声を聞いて何がメリットなの?』という基本的なお話は、こちらの記事でしていますので、ご参照ください。

からだに電気が流れやすい人=霊感の強い人

実は、この冒頭のイラストは私が自分のクリニックで使っているAMSATという「全自動皮膚抵抗測定システム」を使ってある患者さんを測った検査結果です。
※AMSATについては、こちらを参照
一言で言うと、この真っ赤という色は患者さんが電気抵抗が少なくて電機が流れやすいということを物語っています。

この機械では、通常被験者が感じない程の微量の電気を全身に流して、その電気抵抗の値から健康状態を表すシステムなのですが、、、

真っ赤な色は、分析結果的には全身に炎症が起きているような血液が流れ過ぎの状態だということなのです。

現実的には、目の前の患者さんが全身発熱して炎症が起きているような状態ではないので、基準としている電気抵抗値よりも極端に電気が流れやすいことを示しているのです。

7年位前から、あることに気づきました。

どうしても納得できないこの赤いレベルの色が出現する場合、

  • 患者は、微弱な電気が流れる感覚を訴える(ピリピリ、チリチリ感じる、フラッシュするなど)
  • 検査結果に全身の電気抵抗値が極端に低い真っ赤な色が現れる
  • ある不思議な個人的経験とマッチしている

この個人的経験は、偶然発覚したのですが、この現象が起きるどの患者に聞いても回答率100%で同じ経験をしています。

それは「霊感が強い」ということです。

すでに、この現象が起きている患者を30人以上を確認していますが例外はありません。

要するに、からだに電気が流れやすい人=霊感の強い人 という結果だったのです!

だから何だという声が聞こえて来そうです。霊とは一種のエネルギー体だと考えると「電気」がそこに関与しているという仮説はなんら矛盾はありません。

でも、その事実に確信を持った時は驚きを隠せませんでした。

霊感ビジネスで幸せになれる?

そして、ほとんどの方がその能力を隠しているか、日常会話では触れないようにしていました。

なので、私が「霊が見えたり、霊感が強いですよね」と念を押すと驚くような顔とともに怯えたような反応を示すのです。

今までも霊感があってビジネスに活用している方は皆無でした。

まだまだ、「あの世」の話は一般的ではない証拠ですね。

そういえば、最近、某テレビ番組で霊が見えるというお笑い芸人が、番組出演者を霊視して話題になっていました。

しかし、奇しくもそのお笑い芸人自身は自分がどういう霊的問題があるのかはさっぱりわからないと話しているのが気になりました。

人の霊的な問題の助けになるけど、自分自身の問題を解決できないのではとても幸せだとは言えません。

本来、霊的なものが見えてしまうのは、自分のエネルギー状態が下がった時に波動的に「あの世」と同調して見えてしまうということらしいので、言ってしまえば「この世」と関係ないものが見えてもしょうがないということになります。

魂は霊と何が違うのか

人の意識を階層化すると次の三段階に分かれます。


一番、人の大本にある生命の源を「魂」といいますが、従来の宗教で言われている「神」とか「仏」とか「something great」と私は同じものだと考えます。

ただし、自分の中にある『魂』と感じるのと自分とかけ離れた崇高な存在としての『神』と感じるのでは180度認識が異なってしまいます。

『神』と自分を比べればそこにはれっきとした差があるので、自分に劣等感を感じてダメ出しをしてしまいます。

しかし、自分の中に完璧な『魂』があるのだと信じることができれば、だれに頼ることもなくしっかりと自立してそこを拠り所として生きることができます。

は転生するたびに全てのイベントを覚えているので、「あの世」での魂の霊的からだだと言っても良いでしょう。

この霊的からだは、魂の成長ができていないと未解決な感情のコンフリクトを抱えているので、生まれ変わった時には、このコンフリクト=「思い込み」を整えて魂の声がダイレクトにきちんと思考(顕在意識)に届くようにする必要があるのです。

魂の声は何をしてくれるのか?

からだ編

一番わかりやすいのは、動いてみることです。

人のからだは三次元的に動くという特徴を持っているので、動いて違和感のある動き=魂的には、それ以上動いてはいけないというサインということになります。

ですので、からだの違和感(魂の動いちゃダメサイン)を避けながらからだを誘導していくことで様々な健康的な問題を防ぐだけでなく、すでに病気になったようなからだでも健康に戻すことができます。

こころ編

潜在意識に溜まっている様々な「思い込み」が魂の声が顕在意識に届くことを妨げてしまっています。

これが人間関係がうまく行かなかったり経済的に豊かになれない原因だったり、さらにはからだの違和感がわからなくなるので健康を害して病気になったりといった問題を引き起こします。

ですので、まずはこの「思い込み」を整えるために、しっかりと魂の声を潜在意識にインストールさせる必要があります。

これによって人のからだとこころが魂の声によって整えられるのでより本当の自分の生きる目的に近づき、幸せで豊かな生活を送ることができるのです。

霊が見えることは役に立たないが魂の声を聞くことは役に立つ

「思い込み」で不完全な霊を見ることができるからと言って、実際は何の役にも立たないことがわかったと思います。

しかし、魂の声がしっかり聞こえてそれを活用することができれば、人生の羅針盤を得たのも同然ですよね。

この方法をメソッド化したのが魂整体という僕が開発したメソッドです。

こころとからだを魂の声に従って整えることで統合的なスピリチュアルライフコーチを行うことができるのです。

こころ編

ソウルエッセンシャルメソッド(SEM)というメソッドを学んで僕は

  • 究極のマーケティング認定講師
  • SEMインストラクター

という2つの顔を持っています。

究極のマーケティングとは、既存のWEBマーケティングのように相手の悩みにフォーカスすることではありません。

誰もまだ気付いていない、あなたの奥底に隠された、本当の才能を引き出し覚醒させることで、あなた自身が持っている隠れた「強み」を最大限活用するとセールスそのものが必要なくなります。

それが究極のマーケティングになるのです。

魂の声を聞いただけではなかなか潜在意識は変わりませんが、SEMでは他とは違いしっかりと魂の声を潜在意識にインストールする独自のメソッドを持っています。

自分がやりたいことを仕事にして幸せに豊かになっていくことは不可能ではありません。

からだ編

私は整体師として20年以上のキャリアを持っています。そのうち17年は、カナダのバンクーバーで様々な人種に人たちを治療してきました。

その基本となるのが操体法です。

こころ編で潜在意識が整って来ると、魂の声(からだの声)がダイレクトに顕在意識に聴こえるようになります。

その声に従ってからだの動きを誘導することで、歪みが整って痛みが無くなり健康に戻すバランス健康法が操体法です。

ここでは、ひとりでもしっかりと歪みを整えられる発展形操体法を覚えてもらうことで自分自身でからだの不調を治すことができるようになります。

まとめ

誰でも目に見えない世界はちょっと恐いけど興味がありますよね。

しかし、霊が見えたり感じたりすることが必ずしも社会生活に役立つかと言われれば、サイキックや霊媒師など、しっかりと能力的にコントロールできるようにならない限りはまったく役に立たないと言っても良いでしょう。

個人的には、冒頭に出てきたようなかなり電気に敏感な患者のように、素質を持っている場合はしっかりとトレーニングを積めば、それなりに社会の役には立つかもと思っています(笑)

それに比べて、魂の声を聞こえるようになることは全く霊感とは関係ありません。

事実、僕は自分であろうと他人であろうと魂に聞いてリーディングをすることができますが、霊が見えたり感じたりすることは今までありませんでした。

これは、魂整体のメソッドに関係するので、どうやって身に着けるかはお話しするわけには行きませんが、メソッドに従って学習することで、誰でもできるようになる技術だと考えています。

内緒で教えちゃうと、自分の潜在意識の「思い込み」を整えることが魂の声が聞こえることと関係しています(内緒じゃなくてそのまんまですね)

特に自分でも気がつかなかった本当の「強み」を活用することができるようになると、究極のマーケティングが発動するようになるので、幸せで豊かな生活があなたを待っています。

興味のある方は、メニューからLINE@への登録をお願いします。

無料であなたの持っている悩みを1つ無料で魂リーディングを使って解決するお手伝いを特典として提供しています!

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました