【魂整体の実際】 股関節の慢性的な痛みは次の行動の決断ができないことに関係している?

女性に多い訴えが股関節の痛みです。

僕の治療院でも、医師に股関節の置換手術を勧められて手術をしたくないけれどなんとかならないかと相談に来るケースもかなり増えてきました。

そんな慢性的な股関節痛の患者さんが抱えている話を聞いているとある共通した問題を持っていることに気づきます。

それは、優柔不断で次の行動が決断できないという点です。

何度か失敗した体験で自分に自信を失ってしまい身動きが取れなくなってしまっている感じです。

そのため、ある患者さんなどは自分への不足感からいろいろな自己啓発セミナーなどをジプシーして勉強する努力はするのですが、結局何一つものにならないことが多いのです。

このような場合は、自分が人生で本当に求めていることを知る必要があります。

それには、今まで我慢したり、努力したり、頑張ったりしてやってきた「嫌なこと」を止める必要があるのです。

そうでないと本当に自分のやりたいことは見えてきません。

股関節が慢性的に痛むようでは、数々の思い込みが潜在意識に溜まって自分自身をまったく信じられなくなっているからです。

ここでは、ある慢性股関節痛の患者さんの魂整体のリーディングによって、どんなところに問題があって、どうすれば病気が改善できるかをご紹介します。

魂整体の過去生リーディングの実際

魂整体こころ編ソウルエッセンシャルメソッド(SEM)過去生、今世のリーディングを行い、潜在意識に魂の声をインストールすることで思い込みや勘違いを整えることができす。
従来のリーディングとは異なり、潜在意識に巣食うさまざまな思い込み・勘違いを確実にクリーニングして本当の自分(魂)に戻るお手伝いをする。
魂整体からだ編操体法セルフエクササイズ。SEMで潜在意識が整うことでからだの声(=魂の声)がクリアーに聞こえるようになり、その声に従って動くことで、からだのバランスが整っていく。

クライアントさんの状況です。

52歳女性。20歳の時にやった仕事が原因で股関節を痛めるが、それから慢性的に股関節痛がある。

酷いときは、杖が必要。自力整体をやったり、整体師もかなり通ったが完全には治らず今に至る。

リーディングについて

プラクティショナーがクライアントの魂に直接アクセスします。

  • 過去生の場合
    すでにクライアントが現在抱えている思い込みや勘違いを解決した過去生を選んでリーディングします。
    そしてその内容をしっかりと潜在意識に定着(インストール)させます。
    これでクライアントが抱えているさまざまなトラウマや思い込み、勘違いをクリーニングすることができます。
  • 今世の場合
    クライアントの持っている思い込みや勘違いを魂がどのようにすれば、解決するかを直接リーディングします。
    プラクティショナーはそうしていればどうなるか未来のアカシックレコードを読みに行きます。
    その内容をしっかりと潜在意識に定着(インストール)させます。
    過去生と同じくこの方法で潜在意識のクリーニングを行うことができます。

この過去生と今世の潜在意識のクリーニングを『整える』という言い方をします。

リーディングによって潜在意識は整っていきますが、その内容をクライアントの顕在意識(思考)で再認識することで、より強力に思い込みや勘違いから脱却することができます。

潜在意識はほぼ100%顕在意識をコントロールしているので整うことによって魂の声が顕在意識まで到達して、魂の考えている通りの人生を『引き寄せの法則』によって実現することができます。

リーディング内容

過去生の○○さんは、ある地方の海女の家系に生まれた女性でした。

小さな頃から海女になることが義務付けられていましたが、からだがあまり強い方ではないので海女になることに非常に不安をもっていました。

しかし、どうしようもない運命の中で選択の余地がないまま彼女は海女になります。

20代の前半で彼女は、海の中の激しい潮流に流されて岩に叩きつけられ、瀕死の重傷を負います。

何とか一命はとりとめますが、それから半年は寝たきりで過ごしました。

全身を岩に打ち付けられたので、股関節や仙腸関節に後遺症が残ってしまい、歩けるようにはなったもののびっこが治らず、とても海女の仕事には戻ることができませんでした。

彼女自身は、そのことを内心とてもほっとしており、寝たきりの頃に枕元に飾られていた花を日がな眺めながら、花売りの行商でもやろうと思っていました。

びっこを引きながら花売りの行商を始めた彼女でしたが、客として出会った男性と出会いがあって、結婚をしました。

彼女としては自分のからだのこともあり、とても結婚などできないと思い込んでいましたが、相手の真摯な態度に打たれて結婚を決め、そうこうするうちにびっこを引いていた右脚も不思議に良くなって、子供にも恵まれました。

海女の家系で、どうしても海女になり切れずにいた彼女でしたが、この運命の不思議さを驚きながらも、ふと本当に自分のやりたいことは何だろうと考えました。

すると海女に戻りたいと心から思っている自分にびっくりするとともに、事故に会って結婚して子供の恵まれるなどの遠回りをすることで、やっと本当の自分は海女をしたかったことに気づいたのです。

あれだけ嫌がっていた海女の仕事でしたが、それから彼女は一生海女として人生を充実して過ごしました。

今世の魂は言っています。

今、○○さんが抱えている肉体の痛みはこの過去生で受けた事故の後遺症を引きずっているものです。

しかし、このからだの痛み自体が○○さんに本当の自分(魂)が何を望んでいるかを示す道しるべになっています。

あなたの過去生でも起きたように、びっこを引くような自分の人生を受け入れて逆らわずに生きていると、何が本当にあなたに必要なのかが見えてきます。

びっこを引くようなからだの痛みは、自分自身に必要以上にダメ出しをして、そんな可哀そうな自分を慰めることで本当の自分の人生を否定していることを示しています。

ところが、そんな被害者意識の自分に気づき何とか脱却しようとし始めると、自分で自分に足かせをしていた痛みを自分で手放すことが出来るようになります。

すでに過去生でもその足かせを外せて幸せな人生を送れたように、本当の自分のやりたいことが見えてやり始めるとからだの痛みは自然に退出していきます。

パートナーとの出会いなども、○○さん自身が自分を許して本当の自分を探し出そうとし始めるとあるかも知れないと言っています。

患者さんの感想

リーディングをありがとうございます❤️

長文で丁寧なリーディングに驚いてしまいました。

そして、海女さんにもびっくりでした。

前世の海女さんの記憶はまだ不思議な感じがしますが、過去生の事故の後遺症であるということ。

メッセージの部分が今の自分の生き方にも似ているところがあります。

どうして、こんな体になったんだろう、と体操教室に行ったり、ヨガに行ったり、瞑想を習ったり、体操教室を自分でも立ち上げてみたりしました。

しかし、収益という部分でうまくいかずやめてしまい、生き方を模索しながらも、自分の体の調子が悪いのを整えるのにはどうしたら良いのかを探るのに行き当たっています。

やりたいことが曖昧なままで、集中してとりくんでいませんが、まずは自分許すといところに大きなヒントがあるみたいです。

ありがとうございました❤️

まとめ

このように、患者さんもリーディングの肝に当たる『自分が人生で本当に求めていることを知る』ことの重要性に気づいたようです。

さて、股関節の問題は、優柔不断で決断ができないことでしたね。

この患者さんも例外でなく、様々な高額セミナーを受けたは良いけれど、ものにならず、かといって捨てられず、いろいろ手をつけて止められません。

実際やってもあまりうまく行かず結局、それ以上できなくなってしまって途方にくれています。

まずは、本当の自分(魂)が何をしたいのか知るためには、潜在意識の思い込みや勘違いをとにかく整えて自分が『嫌なこと』を止めないとわかりません。

※整える過去生で現在抱えている問題を解決した人生を魂がしっかりと潜在意識に定着させる(インストール)ことで、抱えているさまざまなトラウマや思い込み、勘違いをクリーニングすること。

僕が患者さんの魂に聴いてリーディングした時点で、すでに整えは起こっています。

しかし、患者さんがそれを顕在意識(思考)で再認識した時点で、より強力に思い込みや勘違いから脱却することができます。

さらに、操体法で股関節を中心にからだの感覚(痛み)が痛みやつらさのない方に動きを誘導することで慢性股関節痛を改善することが可能です。

この魂整体では、医師から股関節置換手術(傷んだ股関節を丸ごとセラミックに変える手術)を勧められたとしても関節が完全に壊れていなければ、手術なしで痛みのない日常生活を送ることが可能です。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました